フォローアップ講座

平成28年度第2回フォローアップ講座報告

平成29年2月24日(金)
提供会員、両方会員を対象としたフォローアップ講座を開催しました!
今回は・・・
「楽しく作って、楽しく遊ぼう!~身近な材料で手軽におもちゃづくり~」
サポート中に、「何をして遊ぼうかな?」「何をしたら喜んでくれるかな?」
と思い悩むこともあるのではないでしょうか。
かわいい折り紙の作品作りや、身近な材料を使ったおもちゃの作り方や
遊び方をご紹介しました。

Origami

P2240089

P2240105

P2240096

参加者の皆さんからは

・とても楽しく参加させていただきました。

・色んな種類の折り方を知れて良かったです。

・折り方を忘れないためにも、家でもやってみたいと思います。

・ピカチュウは覚えやすくて良かったです。

・八角形の箱はジョイントが難しかったです。

・びっくり箱は単純だけど楽しいです。

・是非、お預かりの時に作って遊びたいと思います。

などといった意見をいただきました。

2時間の製作の時間はあっという間で、皆さん集中して

作品を完成させていました。

今後のサポートにも是非活用されて下さいね♪

|

平成27年度第1回・2回フォローアップ講座報告

第1回フォローアップ講座を12月11日(金)に開催しました。

今回は、「子どもの生活とメディア~メディアとの上手な付き合い方~」

というテーマで、事前に参加者の皆様からお寄せいただいた質問に

お答えいただく形の対話型の講義でした。

講師はファミサポ提供・両方会員養成講習会で毎回ご好評の

筑紫女学院大学 准教授の原 陽一郎先生でした。

参加者からは

・講師との距離感が近く、いつまでも話を聞いていたいほど楽しかったです。

・メディアとの付き合い方は、子どもの育て方、関わり方全般につながる深い

ものだと思いました。

などの感想もいただき大変有意義な時間となりました。

028_3

第2回フォローアップ講座は2月22日(月)に開催しました。

テーマは「いのちの大切さ~うまれてきてくれてありがとう~」で、
 
今回の講師は糸島在住の子育てシンガーmon先生をお招きしました。
 
ご自身が経験してきたことからいのちの大切さを歌と語りで届けてくださいました。
 
参加者からは
 
・優しく、透明感のある歌声に癒されました。
 
・これからの子育てに優しい気持ちで接することができそうです。
 
・目の前の幸せに気付くこと、何気ない毎日の中でたくさんある幸せを感じ、
感謝する心を持ちたいと思いました。
 
などの感想をいただき、皆さんのこころに響くとても素敵な歌声とお話でした。
2_012_2
来年度も、様々な企画をご準備する予定ですので、ぜひご参加ください。

続きを読む "平成27年度第1回・2回フォローアップ講座報告"

|

第1回・2回フォローアップ講座報告

第1回フォローアップ講座を10月18日(金)開催しました。

今回のテーマは

~子どもも親も笑顔になる~「子育てコーチング」

講師は日本ソーシャルコーチ協会の方です。

・「共感」気持ちに寄り添う

・「承認」ありのままを受け止める

・「信頼」可能性を信じる

といったポイントを教わりました。

初めて会う隣の方をお互いに褒めあったりする中で

皆さんそれぞれ楽しく会話が弾んでいたようです♪

H25_052

第2回フォローアップ講座を12月4日(水)開催しました。

(財)福岡市防災協会の講師の方より心肺蘇生や異物除去などの

応急手当をご指導いただきました。

H25_001

H25_017

H25_018

3つのグループに分かれて

大人の人形と赤ちゃんの人形でも心肺蘇生を練習しました。

皆さん真剣に取り組んでいましたよ~

|

平成24年度 第2回フォローアップ講座

梅の花が咲き始め春の気配を感じる二月。

第2回フォローアップ講座を2/7日(木)市民福祉プラザ601研修室にて開催しました。1283_4

今回は『手作りおもちゃを作ろう!』ということで、

わくわく☆ドキドキ研究所代表、吉村和明氏をお迎えして                   身近にある材料を使って出来る

【木登り人形・けん玉・円盤とばし・皿まわし】の

4点のおもちゃの作り方を教えていただきました。

Img_0903_2

一つめ、二つめと作っていくうちに、参加者の方々は、自分が子どもに返ったようにわいわい・がやがや目を輝かせ個性豊かなおもちゃを次々と完成させました。

Img_0913 一つ出来上がるごとに、                    それぞれに試し

『おぉ~~!』

『なんで入らんとぉ?』

『上手く回らん・・・』

『うわぁ~飛ぶねぇー!!!』等々

参加した方々に混じり、スタッフも夢中になり製作に没頭♪

今回は子どもと一緒にアイデアを出し、工夫しながら1345_2正しい作り方ではなく、子どもの想像力や自主性を大事に、色々な材料で、個性豊かなおもちゃが出来る楽しさを学びました。最初から教え与えるのではなく、自分で考えながら作る。好奇心をかき立てられ、若返った二時間でした。

午後は、参加された方々と昼食をとりながら、情報交換や交流を図りました。

皆様も童心に返って作ってみて下さい!わくわく・ドキドキがいっぱいですよ~~~♪Img_0925_2

|

平成24年度第1回フォローアップ講座のご報告

10月15日に福岡市民福祉プラザで第1回フォローアップ講座を実施しました。
玄米和食の「食育」に取り組んでいる高取保育園の松枝智子先生をお招きして
『からだが喜ぶおいしいごはん!』のレシピを教わりました。
そして、保育園での玄米和食の取り組みをとおして、食の大切さを学ぶことができました。
高取保育園の給食は、毎日玄米和食。納豆が毎日でるそうです。
保育園では、給食の味噌や漬け物は子どもたちが作り、バケツに土を入れて米作り、
パン焼き、など一年をとおして、様々なことを経験します。
保育園での日々の活動をとおして、食の大切さを身につけていくのだと思いました。
冬は大根やゴボウなどの根菜が多いですが、これら冬野菜は身体を温める効果
が高いそうです。昔から、旬の野菜が美味しくてからだにもいいというのは
こういうことなんですね。トマトやキュウリなどの夏野菜は身体を冷やす効果が
あるので、これからの季節、特に女性に多い冷え性の方は夏野菜は控えめに
するとよいようです。
タマネギの皮は煮出すとポリフェノールがたっぷり。カレーを作るときに、
ネットに入れてほかの野菜と煮込むとよいようです。ただし、タマネギの皮は
苦みがあるので味噌汁にはあわないのでご注意を。
高取保育園の栄養士の寺崎先生からは
「炒り玄米」「炒り黒豆」「玄米おやき」「芋ご飯」「みそパウンドケーキ」
家にある材料で、簡単にでき、からだにやさしい、そして美味しい!
レシピを教えていただきました。
その後は、お待ちかねの試食です。
とても美味しくて、参加者の皆さんに大変好評でしたhappy01
Dsc_0107_2


Dsc_0114_2


Dsc_0115_4


Dsc_0116_2

松枝先生、寺崎先生の手作りです!!

Dsc_0131_2


「子どもは育てられたようにしか育たない」
食をとおして、子育ての大切さ、命の大切さなど、とても大事なことを
学ぶことができました。
松枝先生、寺崎先生、本当にありがとうございました。

|

平成23年度 第2回フォローアップ講座の報告

今年度から障がいなどがあるお子さんは、中学3年生までサポートできるようになりました。そこで今年度は『障がいを理解しよう!』をテーマにし、第1回目は  10月に『発達障がいを中心に』理解しました。

2回目は、『発達障がいの子どもの理解と接し方』について、2月9日(木)10:0013:00ふくふくプラザ601研修室にて開催しました。

【第1部 講演】

福岡市立心身障がい福祉センター(あいあいセンター)

訪問支援保育士 松永真奈美先生をお招きして、発達障がいの子どもの理解と接し方についてお話していただきました。

発達障がいの3つの特徴について、

「脳(中枢神経)の機能障がいであり、親の育て方や生育環境が原因ではないこと」

「原因はさまざまで、乳幼児期に行動(特性)が現れること」

「行動特性は、一般的な病気の症状のように進行していくものではなく、本人の発達や周りの働きかけによって変化すること」を理解しました。

次に、発達障がいの子どもの「感覚が敏感」「情報の交通整理が上手にできない」について教えていただきました。

受講者4人に、紙に書かれたそれぞれの短い文章を同時に読んでもらい、4人がそれぞれどういう文章を読んだか他の受講者にたずねましたが、誰もわかりませんでした。私たちは、周囲にたくさんの人が話をしていても、興味があることや、大切な話しをしている人の声だけを聞こうとすることができます。しかし、情報の交通整理ができないとは、どの人も同じように(同時に)話しているように聞こえるので、どれが必要としている情報なのか選ぶことができない。いつも大きな音(声)が聞こえている状況であることを理解しました。

その他に、「子どもと関わるために」「保護者の気持ち」「保護者との信頼関係づくり」などわかりやすく教えていただきました。

(講演を終えて)

「自分の子育てに役立つ内容だった」「お話しが具体的でわかりやすかった」
「親のしつけではないことがもっと周知されると良いと思いました」等など、とても好評な講演会でした。

Photo_3

続きを読む "平成23年度 第2回フォローアップ講座の報告"

|

平成23年度 第1回フォローアップ講座の報告

今年度から障がいなどがあるお子さんは、中学3年生までサポート出来る様になりました。

そこで今年度のフォローアップ講座は『障がいを理解しよう』をテーマに年2回実施します。

第1回目を107日(金)10001300ふくふくプラザ601研修室にて開催しました。

~第1部  講演~

講演内容は『障がいについて理解しよう』~発達障がいを中心に~

講師に福岡市立あゆみ学園園長の小川 弓子氏(小児科医)をお招きして、
発達障がいを中心にお話して頂きました。
愛情・受容・認容の子どもを包む心で接して、ゆっくり・あせらず・まって・想像してみる。

しっかり見つめて共感してあげる。

一人ひとりの子どもの特性を理解しお子さんと関わる。

障がい児を持つ保護者(親)の気持ちは、複雑で不安がいっぱい!

親の訴えを傾聴し、地域・家族・支援者などの、みんなでわかちあって
一人ひとりの存在を大切にして、全ての人が尊重される、優しい社会で子育てをしていく。

というようなお話を、丁寧に分かりやすく教えて頂きました。

    

 講演を聴き終えて)

講演の内容はとても分かりやすく、障がい児に限らず健常児のサポートにも繋がる対応の方法を
聴くこ とができ、
自分の子育ても見直す良いきっかけになりました』

『先生に対する質問がとても良く、先生の回答も素晴らしかった』   等々とても好評な講演会でした。

 

Photo_3

続きを読む "平成23年度 第1回フォローアップ講座の報告"

|

平成21年度第2回フォローアップ講座のお知らせ

提供会員・両方会員が対象の「フォローアップ講座」を開催します。
参加をお待ちしています!

第1部
「遊び」がわかれば「子ども」がわかる ~遊びを知って自遊をサポート~
時間:10:00~12:00
講師:ヒューマンコミュニケーション研究所 所長 添田譲二氏

サポートのときに何をして遊べばいいのか困ったことはありませんか?
そんな悩みを解消するため、レクリエーションの達人を講師にお招きします。
「遊び」が子どもにどのような影響を与えるかを学びながら、対象年齢別の「遊び」体験も行ないます。
子どもの頃を思い出して楽しみましょう。
動きやすい格好でご参加ください。

第2部
おしゃべりサロン ふぁみさぽ

時間:12:00~13:00

「こんなときはどうしているの?」「こんなことがあって…」
日ごろの思いを話してみませんか?
今回は支部の枠を越えていろいろな方と情報交換できます。
昼食をとりながら、ゆっくりとお過ごしください。
昼食は各自でご準備ください。
ご都合に合わせて自由に退席できます。

日時:平成22年2月26日(金)10:00~13:00
場所福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ )601研修室
        (福岡市中央区荒戸3丁目3-39)
定員:80人(先着順)
託児:20人(申込み多数の場合は抽選)
    10:00~12:00
     託児費50円
お申込み、お問い合わせ:本部 または センターの支部 へ電話、faxで。

|

平成21年度第1回フォローアップ講座 【報告】

平成21年10月6日(火) 10:00~14:30、ふくふくプラザ・視聴覚室にて、提供会員と両方会員のための「平成21年度第1回フォローアップ講座」を開催しました。

今回の講座は「食育をテーマにした講話」、「身の回りのものをつかったおもちゃ作り」、「支部別の懇談会」の3部構成で、合計54名の提供会員さん・両方会員さんが参加しました。

続きを読む "平成21年度第1回フォローアップ講座 【報告】"

|

「フォローアップ講座」とは…

福岡ファミリー・サポート・センターでは、提供会員と両方会員のスキルアップを目的に、年に1~2回「フォローアップ講座」を開催しています。

「フォローアップ講座」では、子育てに関する講話やサポート中に使える遊びなど、ファミサポの活動に役立つ内容を企画しています。
また、講座と同時に提供会員・両方会員の懇談会も行ないます。

提供会員と両方会員の皆さんには、郵便で案内をお送りします。
ご都合が合えば是非参加してください。

今までの「フォローアップ講座」のテーマ
  ・子どもへの虐待の現状と対策
  ・障がい児の理解と接し方
  ・こどもを健やかに育てるために~今、こどもが置かれている状況とは~
  ・“里親”ってなに?~家庭を求めている子ども達のために~
  ・子育てに夢とロマンを
  ・子どものサインとその気づき
  ・新聞紙を使った遊び
  ・簡単にできる子どものおやつ
  ・すぐに役立つ読み聞かせ
  ・伝承遊び
  ・身近なもので楽器作り
  ・みんなで歌おう
  ・折り紙で遊ぼう        等

|